株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年12月22日
ブログ

網入りガラスにヒビがはいったと苦情

賃貸物件などの窓にも良く見られる
【網入りガラス】
言葉通り、金網の入ったガラスの事です。

この網入りガラスに ヒビが入る事がよくあります。

入居者から心配して連絡が来ることが良くあります。

網入りガラスってなぜあるのか

そもそも、網入りガラス ってどんなもの。
そしてなぜそんなガラスが使用されているのでしょうか。

ガラスに金網が入っていることによって、
防火性・飛散防止効果が期待できるのです。

防犯性の為では、ありません。

火災時に延焼の可能性が高い部分に主に利用されます。
火を扱う店舗などでは消防法で導入する事になっていたりします。

一般的な賃貸物件の場合
「防火地域」や「準防火地域」に該当する場合
網入りガラスを使用しなければなりません。

マンションなど高い建物が建てられる地域は
隣の建物と密接する事もあり
防火指定や、準防火指定が取られています。

その為、網入りガラスが利用を利用しなくてはなりません。

網入りガラスのメリット、デメリット

網入りガラスを利用することによって
火災などによってガラスが割れても
ワイヤーが入っているので 飛散防止になるのです。
(割れないわけではありません)

飛散防止になると、炎が外に出にくくなり延焼を防ぐ効果がある

などから、網入りガラス利用が建築基準法で定められているのです。

でも、この網入りガラスは 決して熱に強いという訳ではありません。

ガラス飛散防止にはなりますが
良く目にする「熱割れ」という現象もおきます。

この熱割れというもの。
これは、ガラスとワイヤーの熱膨張率の違いによるものです。

ガラスは日が当たるところや日陰のところ
クーラーが当たるところと当たらないところなどの
温度差によって熱割れというガラスの破損が起こります。
更に網入りガラスの場合金属のワイヤーが熱を吸収しやすく
ガラスの熱吸収率との違いによって、より破損しやすくなるのです。

更に古くなってきた網入りガラスは、
尚、金属もサビてきたりします。
すると、更に割れやすくなるのです。



熱割れもひどくなると危険

古いマンションなどの入居者からくる
ガラスが割れた、との苦情は
網入りガラスの熱割れが原因であることが
本当に多いのです。

大きな縦横に走った熱割れでなければ
すぐに、危険になる事はありません。

でも、放置している内に、その熱割れがひどくなってくることも
あります。

その際は、交換などを考える必要があります。

ただし、網入りガラスは、普通のガラスよりは
一般的には高額です。

基本的には、賃貸の場合であれば貸主の負担となります。
でも、ガラスの前に高い熱を出す暖房器具を置く
とか、家具やカーテンを直接ガラスにふれる位置に置く
などは、熱割れの原因となる事もあります。

そこは、注意が必要ですね。






arrow_upward