株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年05月01日
ブログ

お部屋探しの希望条件。ユニットバスでないお部屋がいい。ユニットバスを誤解していませんか?


お部屋探しの希望を伺うと
ユニットバスでないお部屋がいい。
と言われます。
お部屋探しの条件の中でも最近は当たり前のように出てくる言葉です。
意味としては「バス・トイレ別」
という事のようです。

バス・トイレ別とユニットバスという意味は違うのです。。

ただ、大抵の場合3点ユニットバスの事を言われているケースが多いのです。

 

ユニットバスと言うのは、ユニット工法で組み立てられたバスルーム

特にワンルームで今まで多くみられたのが3点ユニットバス。
というものです。
それが、嫌だと言う方が希望するのがバス・トイレ別。というユニットバスです。

従来あったバスルームが、床や壁を作り一枚ずつタイルを貼り、そこにバスタブを設置する。というものでした。
もちろん、今でもこのやり方はあり、逆に大変高級なお風呂なんて言うこともあります。

でも、ユニットという工法は、予め防水性の高い素材で壁・床・浴槽・天井などをユニット化。
それを現場で組み立てる方式の事をいいます。
工場でスピーディーに施工でき工事の手間が大変はぶけるのです。

その中で、バス・トイレ・洗面台がバスルーム内に一緒になったものを3点ユニットといいます。

ですからバス・洗面台がバスルーム内あり、トイレは別の物は2点ユニットと言われます。

ユニットバス イコール 3点ユニットバスではないのです。

現在バスルームと言えばユニットバスが主流。

実際に、一般的な新築住宅ではユニットバスが一般的です。

ユニットバスも最近は、高機能でたくさんのオプションなどがあります。
サイズも規格化されていますが、
大変豊富なパターンがあり、コンパクトなものからゆったりサイズまで色々。

更に、大変豪華な使用や比較的リーズナブルなものまで色々です。

ですから、ユニットバスが嫌、というのはちょっと違いますね。



時代の最先端だったワンルームと3点ユニットバス


ユニットバスは、日本で始まりました。
1964年 東京オリンピックによる建設ブーム。
あのホテルニューオータニが建設されているときに、便利なユニット工法が考案されました。
今でもビジネスホテルなどは、3点ユニットバスが多いですね。

東京オリンピック後も日本は発展している時期。
そんな時にアパートなどもどんどん建設されたのです。
古いアパートと違い、洋風の3点ユニットのあるロフト付のワンルーム。
きっと最先端だったのでしょう。

若い方が、たくさん借りてくれたようです。

3点ユニットバスのメリット・デメリット


でも、当然時代の流れで今やバス・トイレ別を希望される方が多くなりました。
ゆっくりお風呂につかりたい。

トイレットペーパーが濡れる。
トイレに入る時にお風呂場の床が濡れているのが嫌。

などが多い理由でしょうか。

でも、やはりバストイレ別より賃料が安い事が多い!
最近はお風呂につからず、シャワーしか使わないという人も多いです。

お風呂とトイレ掃除が一度で済む。なんてメリットもありますね?

希望条件通りのものが探せれば、もちろんベスト。

もし、ご予算が厳しい場合など 絶対バス・トイレ別はゆずれません、と言う前に一度ご検討されてはいかがですか。

3点ユニットバスでも実は、広さが物件によっても大分違います。
広さも結構関係ありますよ。

デメリットがあっての 駅に近い、収納が多い、などメリットのある物件に会える可能性もあります。

何を一番大事にするかを考える場合の要素としてください。

arrow_upward